SPSL'web

Scissor'sPenSpinningLaboratory の管理人がのびのびと生活するさま

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ペン回しには、多くの評価ポイントとか言うものがあります。
それは「滑らかさ」だったり、最近はやりの「凄さ」だったりしますが。

何というか僕が一番見たいのは、「カリスマ性」なのであります。

カリスマ性って言っても分かりにくいかもしれませんが、
前どっかしらで「何かこうぐっと来るモノ」って表現がありましたが、
まさにそれだと思います。

たとえば、皆大好きSangkm11のちゅーちゅん→フィンパとか。

あれはカリスマティックの塊だと思うんですよ。
何なんでしょうね。コリアン画質と疾走感の合わせ技やー!みたいな感じなんですけども。
うまく説明できなんですけど、あれは皆さんワクワクしたことだと思うんです。

日本だと、JapEn2ndのロスト君とか、PSN4thのあやとり君とか、なんかな。

ひとつ言えることは、このカリスマ性はCVの編集者が伸ばすことができる、ということですね。
私はあんまりペン回しをFS単品で見ない人なので一概には言えませんが、
音楽の表現とFSの表現がピタリ重なると、カリスマティックが見えてくる気がします。



そういう編集者に私はなりたいのでございます。
そろそろSPSL単体で新作作りたいなー。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。