SPSL'web

Scissor'sPenSpinningLaboratory の管理人がのびのびと生活するさま

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
9月も終わっちゃうので、怒涛の更新だっぜ。

サクッと最終日編、書いちゃいます!


今回の登場人物
・はさみ:総括してホクホクな旅となった
・大臣:またいつか、コミケ行きましょう
・姫:挨拶できずお別れになってしまい残念でした、またお会いしましょう


続きからどうぞっ。


■いざ、有明

バス着。

前日に銭湯でほっこりしていったにも関わらず、
すでにかなりの疲労感。

俯瞰図


到着時には、すでに「橋」は人の列が。
バスに一号車と二号車があり、二号車搭乗であったことで、
2日目に比べ幾分遅かったことが災いしたか。

「広場的なとこ」に位置をつける。
3日目も別便であった姫とも無事に合流成功。

この「広場的なとこ」、コンビニが近いので、
意外や意外の好立地でありました。

コンビニで、朝ごはんや水分などを購入。

やはり、と言うべきか、このコンビニではコミケ客用の商品を充実させており、
冷えぴた、簡易椅子、携帯の充電器などが山積みに。

携帯の充電残量に少し懸念があったが、
前日に、水無から充電器を、
過失という名の徴収によりゲットしていたので、これをスルー。


そして今日も並ぶ…。

大臣はペン回しで時間を潰し、
姫はじっと座り体力を温存。
僕は前日に水無から過失という名の徴収で手に入れたバンブラDXで遊ぶ。

今度ちゃんと返そう。


■災厄到来

コミケには、大きく分けて2つの宿敵がおりまして、
この2つに上手く対策を立てることが、安全かつ健全なコミケライフを約束させます。

1つは「水分補給」。
毎年倒れる者が出ています。


そしてもう1つ。

今回、私はこれに襲われてしまいます。

そうです。

「トイレ」
です。


3日目は、朝から少しお腹の調子が悪く、
なるべく早いうちに行こうと思いつつも失念しており、
お腹の中のmonster完全体になったころには、
すでにトイレには、並び切れないほどの列。

かなり遠くのトイレまで遠征しても、長い列があるほど。

あえて言おう。

女子トイレ使いてぇ…(女子トイレはガラガラ)


結局我慢を選択…

サービスエリアで行っとけばよかった…


もる…



■天は二物を与えず

さて。

水無にとってのコミケは2日目でありましたが、
私にとってのコミケは3日目。

今回、私がコミケ行きを決心した理由。

即ち、私が最も尊敬する同人絵師さんと、最も敬愛する漫画家さんが、
それぞれ西、東ホールにおわしますのであります。


つまり、4時半から並ぶことで得ることができる特権を、
西ホール、東ホール、どちらに使うかを選ばなければならないのであります。
西東間の移動は、簡単にはできないのです。


これは、ちょっと、究極やでぇ…。


ネットにはじかれたボールやでぇ…。

3日目並びの6時間は、それの選択で全て使い切った感があります。



■選択は西へ

結局、西ホール(絵師さん)への突貫と決定し、
大臣のお使いを何点か託る。

そうこうするうちに、開幕が近くなる。

意外と、楽しみのためなら、私は待てる人間であることを知る。
「待つこと」が何よりも嫌いな私なのに。
総じて、今回のコミケ、待つことが苦痛とは感じませんでした。

買うこと、見て回ること、並ぶことも含めて、
コミケ、まじ、楽しいです!


3日目開幕、突撃!



■西の奇跡

3日目は、西東にそれぞれ人気サークルが分かれていたことから、
2日目より後ろに並んだにもかかわらず、結果として西ホール直前での開幕。

3日間の酷使で悲鳴を上げる足も気にならず。
燃えてきた…!
ふつふつと…!


一直線で件の絵師さんのサークルへ!…








めっけた!ご本人だ!(ご本人はテレビで見たことがあり、知っていました。)








10分後…


ゆ、ゆめのような時間じゃった…



やはり、早い時間に行ったのが良かったのか、

なんと、なんと、お話させていただくことができました…。

しかも…。


スケブいただけました…。


もう、おれ、死んでもいい…。


かなりテンパってしまって、変なことたくさん言ったと思います。
すっげーいい人でした。

ひー…。

C76、来てよかったです…ほんとに。


■東の奇跡

西で大臣のお使い、各種買い物、表紙買いをすませ、東への移動。
もう一つの大仕事へ。

居ても立ってもいられなかったので、途中で水無に電話。

は「ちょ!まじ!スケブもらえた!まじ!最高!まじで!泣いた!」
水「はぁ…」

わけのわからないテンションで、突然電話してしまったので、
自分の伝えたいことの1割弱も伝えられなかったと思います。

なんで電話したのか、今でもわけわかりません。
コミケに行って、目的の人に会えると、こういうテンションになります。
これは、実際に体験しないと分からないと思います。

そして東、目的のサークルへ。
西→東のタイムラグで仕方ないことではあるが、当然のように長蛇の列。

だが、幸運なことに、私が並び始めた直後に、
どわーっ!と後ろにさらなる列が。
あと10分遅れていたら、倍の時間を要していただろう。
何とも恐ろしい話である…。


そして並ぶ。

並ぶ…。







!?

あ、あの、列整理してる人って、まさか!

…!

間違いない!本物だ!本人だ!
すげぇ!
本当にリアルゆ○だ!

それにしても、何この状況!

コミケでのファンサービスで有名な方ではありましたが、
まさか列整理をご自分でされるとは!

そして、列整理後、列の真横を通り過ぎていかれました。

なんというラッキー。
列は4人一列だったのですが、
本当に、一番右に並んでてよかった…!


…そして、新刊をゲット。


うへー…。

来てよかった…。

すげー…。

ラッキー…。

■奇跡の価値は

この時点で、今回のコミケの山場は終了。
あとは、お使いを消化したり、ぶらぶらしたり、コスプレを見に行ったり、
コミケを楽しむこととします。

足は痛いですが、
いやー…楽しかった。
満足満足。

件の絵師さんにスケブを頂き、握手していただく。
やっべー泣きそう。

姫に一言お別れを言いたかったのですが、
向こうで人と会ってらしたそうだったので、言えずじまいでした。
また、お会いしましょうー。


そして、ついに閉幕。
いつの日かの再来を、逆三角形に誓う。
幸運もあり、自分の臨む最高の形で、c76コミックマーケットを終えました。


大臣が、お財布をバスに置いていってしまっており、
(お金を別に用意されていたので、買い物に支障がなかったのが唯一救いでした)
それを取りに行くため、一時別行動。


バスに乗って、一人秋葉を目指します。

少しここで、変なバスに乗ってしまい、
かなり遠回りをしてしまう。
無事に秋葉につけたので良かったですが。

下手すると、危うく茨城とかに行くところでした。
あっぶねー。


■殉職

秋葉にて、大臣を待つ。
とらやメロンなどで時間をつぶそうと思いきや、
コミケ帰りの戦友たちで溢れかえっておりました。

仕方なく、ミストが出るエスカレーター的なのを往復したり、
戦利品の確認をしたりでキリングタイム。

しかし、ここでハプニングが。
なんと、突然携帯がぶっ壊れる

この3日間、酷使に耐えてよく頑張ってくれたもんなぁ…。
よくやってくれたよ…。

充電切れというわけではないのに、
電源が切れたままつかない。
電源が入らないと、大臣との待ち合わせができない。

どうしようと途方にくれておりましたところ、
最高のタイミングでdocomoショップを発見。
ほんと、至れり尽くせりだなぁ、秋葉原。
大好き。


修理なう…。


無事、大臣と合流。
初日から行きたがっていた、ラーメン屋へ。


■夜の秋葉原

100.jpg


秋葉原は「九州じゃんがら」さんへ。
カラオケは「じゃんから」である。
仕方ないね。

101.jpg


ううん、美味美味。甘露甘露。

この明太子ライスは正解だった。
とんこつ尽くしの中ですっごく爽やかな存在(?)だ。

ごちそうさまでした。
ってか、ちょっと食べ過ぎた…苦しい。

その後、とらに同人誌を探しに行ったり、
「驚異的人数でハレ晴レユカイ」で有名なミスドでトイレを借りたり、
お土産を買ったり。

そうこうするうちに、帰りのバスの時間も近づき…。


■大団円

東京駅へ。

今回のオフは、この東京駅から始まり、ここに終わります。

大臣に別れを告げ、すでに来ていた深夜バスに乗り込みます。

4度目のバス泊。もう慣れたもんだぜ。


しかし…楽しかった。
絶対にまた来よう。


こうして、僕の初めてのコミケ体験は、
大成功で終わったのでした…。


■あとがき


改めて、今回の旅のサポートと共に、最高の旅としてくれた、
大臣こと337さんに、多大なる感謝を。ほんと、なにもかも、お世話になりました。

今回のオフで出会った、すべての方にお礼を言いたいです。



まじで、めっちゃくちゃ楽しかったです!
ほんと、ありがとうございました…。



長いこと書きましたが、
これにてc76オフレポはおしまいです。

ご試聴ありがとうございました!












今度からは、もうちょっとまとめて書こう…。
いくらなんでも長過ぎたね…。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://spsl.blog101.fc2.com/tb.php/301-5562002f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。